手を抜くことも時には必要かな・・・

こんばんは。東京では雨が続いてます。

現地調査も行きたいのですが、雨ばかりだとテンションが下がります。

さてさて、Modelingの中で実は手を抜く?ことも必要と感じてます。

スケッチアップで作成。

見せるところは見せる。見えないところは大まかに表現を止める。

クレーンのアーム部分を表現すると、自分はついつい凝性で細かくしがち。

実は近くで見ることは実物でもなく、遠目でとらえて良しとすること。

スケッチアップで作成。

それをコツとしてとらえるか、こだわりとしてとらえるか。

そこんとこがポイントなんだろな・・・。

投稿者プロフィール

sumuraik
sumuraik
こんにちは。samuraikです。横浜に住んでます。週末にランニングと3Dmodelingを楽しんでます。特に得意とするのは重機や車両です。ブログで少しづつでも、modelingや普段の生活の気づきを書き綴れたらいいなと考えてます。よろしくお願いします。

詳しいプロフィールはこちら