STEP2 (GTR R32)

台風がさってとても暑い日でした。

会社に出社して、出勤できてない方もいました。

今日のModelingはGTR R32 STEP2です。

タイヤを描いた後は、対外ボンネットにしてます。ここはとても重要。

この形でボディ全体が決まるといっても過言ではない。

この形から後ろのほうまで流れていくから。

だから一番こだわります。写真のように各立面から1点を3次元上に点を作成。

スケッチアップで作成。

それを続けて、ボンネットのアウトラインを作成。

ここからが腕の見せ所。今までは写真の右側のようにPlugin(curviloft)を利用。

しかし、同じアウトラインでも点線の数を見比べても左側のほうが少ない。

それだけデータを少なく処理ができるのです。これは手入力です。

curviloftはとても優れたpluginです。ただやみくもに広い範囲で選択すると想像と違った形に。

選択範囲を狭めてつなげていくのがコツなんです。

何度か繰り返していくと処理できるようになります。参考にして下さい。

今日はここまで。

投稿者プロフィール

sumuraik
sumuraik
こんにちは。samuraikです。横浜に住んでます。週末にランニングと3Dmodelingを楽しんでます。特に得意とするのは重機や車両です。ブログで少しづつでも、modelingや普段の生活の気づきを書き綴れたらいいなと考えてます。よろしくお願いします。

詳しいプロフィールはこちら