blenderでFord modeling 5(マテリアル)

ブレンダーでマテリアル

マテリアルが凄い。

blenderでmaterial

こんなにクオリティーが高いのだ。

なんのaddon(plugin)なしで出来てしまう。

もっとリアルにできるだろうけど。

blenderでマテリアル

初歩クラスでこんなに楽しめるのは凄い!

エッジなしで、表示するとまだまだ甘いところがある。

なので、ビューポートオーバーレイにあるワイヤーフレームに

頼ることに。チェック入れても、少し減らすこともできる。

これも奥が深そうだ。

blenderでmaterial

今はMac book pro 15.5インチを使用しているが

このマテリアルだと少し動きが鈍くなるな。

もう少しパワーが欲しい!!

Sketch Up and Blender2.9 ford truck

Sketch Up and Blender

Sketch Upで modelingしたのは3年4ヶ月前だ。

スケッチアップとブレンダーフォードで比較

Sketch Upの隠しジオメトリを表示して並べてみた。

どちらも、好みの車をおぼえたてのソフトで書き出し始め。

左(上)がSKPで右(下)がBlender。

SKPの時はあまり3角、4角ポリゴンを意識していなかった。

でも、どうも極力4角を意識して作るようにしたのBlender。

局部的にどうしても線が集中する。全体にバランスよく線が

配置できるのは、4角を意識しているからかな。

でも、直感的に、簡単に取り組めるのはSketch Up。

時間も短くできる。

操作で覚えることが多いのはBlender。

曲面の処理はBlenderの方が綺麗にバランス感はいい。

どちらも好きなソフトだ。

blenderでFord modeling 4 Finish!

blenderでタイヤを作る

なんとかできた。ほんとなんとか。

ブレンダーでタイヤ作る

タイヤは難しい。

you yubeに出ているような作り方は次回に。

sketch up

タイヤブロックなどを作成して、モディファイヤーから

曲げたりするやり方もあるようだ。まだまだ覚えることがいっぱい。

今回の収穫は「/」キーを押すと選択オブジェクト以外は非表示に。

blenderの「/」キー

これは便利だ。パーツが増えてくると切り替えで、

そのオブジェクトに集中することができる。

やはり、Sketch Upよりは時間がかかるな。

ショートカットを使い込むことで覚えていくことが、

時短の大きなポイントだろうな。

もっと、モデリングを楽しんでみよう。

blenderでFord modeling 3

blenderで modeling

今週はフロントのパネルに挑戦した。

まさに車の顔になるところ。

写真を見ながらだから、時間はかかった。

人間のモデリング同様、目となるライトは下図のように。

フロントパネル作成パーツ

球体を加工して、別物オブジェクトとしてみた。

これもボクシングのモデリングの時に学んだこと。

こうしておけば、後でテクスチャ処理がいいと思う。

それにはっきり、くっきりとする気がする。

パネルの裏側はフタをしておいた。

エンジンなど作り込んでいるわけではないので。

表紙の写真は、作成中のワイヤーフレームを非表示。

簡易に歪んでいるところもチェックしやすいのがいい。

最後はタイヤか。

どんなところから作り出そうか。

ルーフライトを配置

blenderでFord modeling2

blender modeling FORD

blenderとSketch Upとの違いに戸惑いながら、

今度はFord F250 rangerをモデリング。

今回は荷台の後半部分とLOGOを作成してみた。

blender modeling


blenderは点と線と面を選んで使うこと。そしてオブジェクトモードと

エディットモード(編集モード)の切り替え。

今回は、思うまま、手が動くまま作り込んでみた。すると右側のアウト

ライナーにはパーツのデータが沢山溢れかえることに。

そこも、あまり考えずにひたすら作ることに集中した。

ボディができる頃にやっと整理することに。そこで、名前つけは極力

英語の単語を利用。間違っていても構わない。それより名前をつけな

がら自分が後で理解できるように努めた。

blender アウトライナー部分

後でグループに分けしやすいようにしてみた。頭になる単語で大きく

分けて、順番は1、2とナンバーをつける。

この仕分けが、いいかどうかわからない。ただ、散らかして modeling

してみてからの名前つけで感じた。次から、こんなことに意識しながら、

パーツの名前をつけていこうかな。


それと今回FORDという文字をRearの部分に入れることに苦労した。

結果は、車体を最初にトレースしたように文字をトレースした。

blender LOGO 作成

テキストから文字をおこして、オブジェクトにナイフ投影ツールで刻ん

でみたが、データ量がとても多く感じた。4文字だからここはトレース

した方がシンプルだろうと考えた。

それでも思考錯誤したが、なんとか仕上げてみた。


さて、あとはフロントのグリル部分とタイヤ。

実は、Sketch Upではタイヤを一番最初に作っていた。その次に

フロントグリル部分。まさに逆に行ってみた。

いつもと違うルート。これも時にはいいな。違った視点で。

そうだ、ドアミラーの金物を作るにも手間があったな。

こんなことも、目的を持って検索をすると色々出てきます。

感謝、感謝です。早く教えられるようになりたい・・・

 

blenderでFord modeling 1

blenderでmodeling。Ford!

1月から始めてみたblenderで、Fordのトラックに挑戦を始めた!

このGWにはもってこいの題材だった。

出かけることも、控えているので、自分に新しい課題を与えてみる。

とにかく、新しいソフトになれるには手を動かすしかない!

それもかなり地味に!

Sketch Upのmodelingを立面に

さあ、できるかな。ほんとかなり不安。でもこの不安を

モデリングで乗り越えた時はたまらない。

blenderでモデリング

Sketch Upでアメ車をモデリング始めたものを題材にしてみた。

出来上がりを比較するのも楽しみだ。

少しだけど、手と頭の考えていることが繋がり初めている。

このタイミングは大事にしたい!

blender アーマチュア 2つを動かしてみた!

blender アーマチュア

blenderで、動かせることが出来ることができた。

次は、2つのの物を同時に動かすことに挑戦してみた。

punching bagが風船みたいに軽い感じもするけど。

まあまあかな。面白い!

blender ボディ フック

次は何に挑戦しようかな。

Boxing modeling

boxing modeling

blenderを知ったのが、昨年12月。

自分の好きなことをモデリングすることがしたかった。

やっと、動かせることができた。

boxing guard

そもそも、人間をモデリングするなんてもっとも苦手だった。

ネットで検索するといっぱい先生がいる。本当に嬉しい。

だから、自分も教えられるようになれるといいな。

好きなことを通して覚えると、集中力が続く。

週末のモデリング、また楽しみが増えた気がする。

boxing hook

今日の集中力!

・今日の集中力は凄かった。

出来ないと思っていたことが、夕方には形になっていた。

おそらく、出来てない状態だと不安なだけなんだろう。

昼食をサラダのみにしてみた。

昼休みに休憩はするけど、午後の仕事が眠くならない。

物凄く集中できていた。ゾーンに入っていたのかな。

それと、ジムで通うことで、集中力が養われた気がする。

その時間に、先の見えない、でもその下ごしらえを十分にしてきたから。

それを、なぞるように仕上げていく。

まさにゾーンだ。

形になった時の喜びは格別だ。

21秒をいかにつめるかだな・・・

あと21秒の短縮!

トレーニング

・嫌なことがあっても、自分でどこまでできるかが大事。

誰かのペースで考えているのではない。

自分で考えて行動している。

そこを大切にしよう。

・ジムでは

腹筋100回、腕立て50回、スクワット50回、背筋50回、ラン5周。

10分のノルマ。

達成できず・・・

あと少しだった。

21秒を切るには、どんな努力が必要なんだろう。

ワクワクしながら考えよう!